ait-ticket
restaurant
festival
ミャンマービジネス
ビジネスニュース
 
 
 

出家について

得道式

出家

ミャンマーでは出家する人をよく見かける。特別なものではなく日常的に行われているのだ。夏休みや水掛け祭りの間など長期休暇を利用して出家する人が多い。期間は約1週間前後。 殆どのミャンマー人は子どものうちに出家し仏教について学んでいる。
時期・期間
出家は8歳から20歳の間にしなければならず、その後20歳になってからも僧侶として出家することが好ましいと言われている。よって少なくとも一生に2回は仏教の道を歩み修行するのだ。出家すると僧院で暮らすことになり大変そうだが、みんな家族のように助け合い和気あいあいと生活している。出家期間は自分で決められいつまでも居ることができる。
出家儀式ではどんなことをするの?
@出家する男子は出家するその日に女性の伝統的な服を着てパゴダの周りを行進する。顔を真っ白にし赤い口紅を塗り一見、滑稽だがかわいらしい光景だ。
A午後、出家する人の髪を坊主にする。
B同じ日、又は次の日に家族やお客さんを招待し一緒に昼食などを食べる。
※女子が出家する場合はその日耳にピアスの穴を開ける。日本人から見ると子どもの耳に穴を開けるなんて…と驚くかもしれないが、これも出家儀式の大事な行事なのだ。
出家儀式をする前にたくさんの車で賑やかなパレードをする。音楽を流しながらトラックの後ろではみんな楽しく踊り周囲の人々を楽しませる。おかしなダンスをしてみんなを笑わせる人もいる。仏陀に敬意を表すため周辺のパゴダを時計周りに回り、出家する子どものお父さんはお布施箱をお母さんはお坊さんの服、袈裟を持って歩く。未来のお坊さんと尼さんは並んで金色の傘を持ち、女の子は飾られた奉納品を持ちながら行進する。パゴダ廻りの後、ナット神の神社を訪れる人もいる。最後に僧院へ 行き、髪を坊主に剃り、僧院長に見習い僧となることを認められる。見習い僧は8つの教えを守り仏陀の教えを学んでいく。
出家に対する考え方
子どもを出家させることは親の義務であり、裕福な家もそうでない家も関係なく子供を出家させなければいけない。出家は、人生の悪いことや不吉なことを取り除くと言われ、人生に幸せをもたらす大切な儀式なのだ。

タナカ

タナカって?
ミャンマーにくると誰もが気づく、女性や子供の頬に塗ってある黄色いっぽいタナカ。日差しから肌を守り肌を白く見せてくれる。腕や足にも塗れる。これはミャンマーの女性の美しさを現すもの。
タナカの使い方
ミャンマー女性の寝室にはタナカ用品がいつも置いてある。30cmくらいの柑橘系の木と平な石、水が必要。お風呂からあがったら石の上に水を数滴たらして、そこで円を描くように木を擦る。そうすると、摩擦で水と木の粉が混ざり合ってペースト状になる。それを人差し指でとって適当に顔や体に塗る。

効果

@タナカは皮膚の病気を治してくれる 、A香りがとてもいい、B体の熱をとってくれる、C毛穴を引き締めて吹き出物を防ぐ
D日焼け止め、Eオイリー肌を防ぐ

誰が考え出したの?

タナカは7月、8月に稲作作業をしていたある女性の発案だった。耐えがたい熱い太陽光線から身体を保護するために、女性は腕と顔にタナカを塗った。ミャンマー女性にとって、タナカは美と香りの良い自然化粧品として使われている。タナカ木の植林地は非常に少なくやせ地では育たない。ミャンマー北部乾燥地帯に多く植えられている。時々雨が降るぐらいの環境がタナカ木には適している。タナカ木は多年草で、品質のいいタナカを作るには35年以上かかる。

人形劇-Puppet Show

 

パペットショーはミャンマーでも人気あるショーだ。手馴れた操人がユーモアのあるジョークを交えみんなを笑わせる。これには観客も大喜び。少なくとも4人の操人がカーテンの後部で操り、棒と糸を使い人形のキャラクターを表現する。人形はそれぞれのキャラクターにあわせて素敵なドレスを着たり、金の装飾品や宝石を見にまとう。通常、人形劇はパゴダ(仏塔)のお祭りで行われる。マリオネット劇場はヤンゴンやマンダレー、バガンなど人気観光地に多くある。

つづれ織り

ミャンマー工芸美術の1つ、つづれ織りはマンダレーの伝統工芸お土産品として有名。ミャンマーのつづれ織りは色とりどりの糸で複雑に編み込みまれている。金箔や貴重な宝石もちりばめられた豪華な絵だ。
つづれ織りの始まりは18世紀のAlaungpayaアラウンパヤー王の時代と信じられている。
その時代のつづれ織りは、非常に粗いつくりだった。何人かの歴史家のよるとAlaungpaya
アラウンパヤー王の息子の統治時代にエヴァという都市にタイ人の捕虜が連れてこられた。その中に織物の優れた技量持つ捕虜がおり彼らからその技量が伝えられたと言う。
ベースとなる布地は1枚の粗い木綿地を補強して使われた。この布地に、人間や動物の絵がスパンコールで描かれる。最後は慎重にデザインをアレンジし宝石に似せたカラフルなガラスカットをのせる。 つづれ織りの多くは壁掛けやマリオネット、伝統的な踊りをする時の衣装に使われる。出家儀式など特別の日に使用されることになっているロイヤルドレスや帽子、ショルダーバッグも作られている。

大理石の彫刻

ミャンマーは仏教徒が多く、どの町にもに何千もの仏塔や寺がある。山などの遠い離れた所でも地元住民が力をあわせ仏塔を建設する。
全ての仏塔や寺に仏像が祭られ多くの人に崇められている。仏像は仏塔や寺、僧院によって大きさやデザインが違い何百もの種類がある。これらの仏陀イメージは石、レンガ、木、金属、合金、および漆喰から作られる。
石の中で大理石は手触り、硬度、美しさのどれをとっても最も良
と評価される。ミャンマー語で、大理石はSagyinサジン。これはSagyinサジン丘から由来される。元々、Sagyinサジンはマンダレーから北へ33キロ行ったMadaya Townshipマダヤー郡の村の名前。
7つの丘が連なり山脈がなる。北へ4つと南への3つの丘が連なる。
Sagyin Villageの近くの山脈あるため、その町の名前はサジンヒルという。そしてそこで大理石の彫刻が行われていた。SagyinヒルはMogokモゴク山に並び、世界的なルビーの大地とも言われるが大理石の大地としてより広く知られる。

木彫り工芸品


ミャンマーでは品質の良いチークの木があることで有名。この木は宗教的建築物やホテルでよく見られる。また、木彫り人形から大きい家具まで色々な工芸品がある。小さいものならお土産にもお勧め。

金箔工房

ミャンマーでは、仏陀のイメージをより輝かせるために仏像や仏塔の周りに金箔を貼る。金箔シートはパゴダ(仏塔)内のあらゆるところで売られている。この金箔シートはマンダレーでつくられる。マンダレーの金めっき職人は都市の東南に位置する36番と78番通りの交差点に集中している。金箔シートはハンマーで叩き薄く仕上げる(印刷したインクよりも薄い0.000127cm) 。形は正方形で蜘蛛の糸よりも薄いのができる。金箔シートを仏像や仏塔に貼ると幸福がもたらされると言われる。

真鍮金型


仏像や宗教的な装飾品はマンダレーの真鍮金型工場で造られる。そこでは昔からの技術をまだ使われている。

漆塗り

漆塗りはバガンの工芸品で手ごろな価格で買える。かわいらしいデザインからシックなデザインまで色とりどり。お盆や、小物入れ、食器、コースター、お茶入れなど様々な商品がありお土産に人気だ。 
バガン塗り:バガン塗りはバガン王朝時代から始まっている。バガンの70%の人々はこの仕事に関わっているそうだ。多くの漆器工房が存在する。バガンの至るところで売られており、時々作っている工房も見せてくれる。漆器塗り職人は技術によるが1日あたり1000チャット〜3000チャット稼ぐ。


シルクで作られる傘は木と竹の骨組みで作られる。これはPatheinパテインの伝統の工芸品だ。シャン州では赤や茶色い傘が作られる。大きい傘はどちらの都市も有名。色や大きさは様々でヤンゴンで買うより現地で買うほうが安い。

陶芸

陶芸品作りは長い伝統を持っている。11世紀のBaganで使用されていた陶器の表面は緑色の光沢があり、バガン特有の焼き物とされた。古い数百の焼釜がエーヤワディー川付近で発見された。ミャンマーの主な陶器生産地はKyauk Myaungチャウンミャウン、ミャンマー上部にあるAyeyarwaddyエーヤワディー川の上の町。 最も古い陶器生産地はヤンゴンから近い河口付近のTwanteトゥンテーだ。小さい陶器は全国どこでも見つけられ、文様や形も地域によって違う。

 

 

Copyright 2008 © All rights reserved.
Privacy Policy
No. 165(Ground Floor)-, 37th Street, Middle Block,
Kyauktada Township, Yangon, Myanmar.

Tel: 951-374174, 959-73024431 Fax: 951-374174
E-mail :info@myanmarbravo-int.com
Reservation :sales@myanmarbravo-int.com